10月の『プチ瞑想の会』

10月の『プチ瞑想の会』のおしらせです。


関連の記事はこちら


10月は
21日(土)と
27日(金)の
2回開催となります。



10/21(土)
〇ながれ
・9:45 ドアオープン(10時までにおこしください)
・10:00 やり方の確認(15分)
・10:15 みんなですこし練習(15分)
*慣れている方は10時からはじめてもらって大丈夫です。
・10:35 じっさいにやってみよう①(30分)
・11:10 じっさいにやってみよう②(30分)
・11:40 ぎもん、感想などシェアするじかん(10分)
・11:50 交流のじかん。(自由参加、自由解散)
・13:20 終了

〇場所:神戸・元町
〇参加費:500円
〇もちもの:リラックスできる服装
      あればクッション、ブロックなど



10/27(金)
〇ながれ
・18:25 ドアオープン(18:40までにおこしください)
・18:40 やり方の確認(15分)
・18:55 みんなですこし練習(15分)
*慣れている方は18:40からはじめてもらって大丈夫です。
・19:15 じっさいにやってみよう①(30分)
・19:50 じっさいにやってみよう②(30分)
・20:20 ぎもん、感想などシェアするじかん(10分)
・20:30 交流のじかん。(自由参加、自由解散)
・22:10 終了


〇場所:神戸・元町
〇参加費:500円
〇もちもの:リラックスできる服装
      あればクッション、ブロックなど



参加してみたい方、興味ある方、こちらに連絡おねがいします。
追って詳細連絡いたします。




今後、できるだけ多くの方が集まれる、
曜日、時間を検討したいと思います。

今回、都合のつかなかった方も、
希望の曜日、時間などありましたらきかせてください!

9月の『プチ瞑想の会』ぶじ終了~。ありがとうございました。

9月の『プチ瞑想の会』に、ご参加くださったみなさん、
ありがとうございました。




おかげさまで、みなさんと、
やさしく、ゆたかな時間をすごすことができました。



記事とは関係ないけど、いつかの元町の空。
空元町.jpg



9月の瞑想会では、
「瞑想中にかんがえがうかんでしまう」
という方がいらっしゃいました。



みんなはどうかなあ?



ぼくも、瞑想中に、
たくさんの考えがうかんできます。

ぼくの場合は、
「かんがえがうかんでいるな」
と気づく練習だととらえています。

かんがえが浮かんでいることを否定しません。


もし、
「かんがえがうかんで、だめだなあ」
と思ったら、

いま、かんがえがうかんだことを、ダメだとかんがえているな。
と、思考のクセに気づく練習にしています。


みんなは、どうしているのかな?
いろんな人の意見を聞いてみたいですね。
ぼくも、また、瞑想の師匠に聞いてみますね。



ぼくたちの頭のなかは、
いろんな思考がうかぶ仕組みになっているようです。


「瞑想をすると、
あたまに思考があれこれうかんでしまうので、
瞑想はむいていません」
という方がいます。

では、
日常ではあれこれ思考がうかんでいないのかな?

もしかしたら、気づいていないだけかもしれません。

瞑想の最初の一歩は、
「気づく」
ことからでいいんじゃないかな。
と思います。


近々、
10月の『プチ瞑想の会』の予定をお知らせしますね~。

グリーンの育て方

先日、多肉くんをお譲りしますの記事をアップしたところ、
たくさんの人から申し込みがありました。

以前の記事

順番に連絡しますので、もうすこしまっててくださいね。



右上の一株から、どんどん増えた、多肉くんたち
多肉くん。IMG_20170317_123703_482.jpg



最近、インスタグラムでも、
うちで育てているグリーンたちを載せているからか、

育てるコツについて、
よく聞かれるので
ぼくなりのコツをかいてみようとおもいます。





ぼくは、植物の専門家ではないんだけど、
2009年ころから、趣味で育てはじめて、
たくさん失敗して、

お店のひとに
たくさん相談にのってもらってるうちに
少しずつ、
じょうずに育てられるようになっていたようです。




剪定した、枝を挿してたら、新芽がでてきたゴムの木。
フィカスベンガレンシスDSC_1170.JPG



ぼくがグリーンを育てるときにだいじにしていること

①水をあたえすぎないこと
②環境をかえてあげること
③枯れてもめげないこと



①水をあたえすぎないこと

最初のころは、がんばって世話しても、
よく枯らしてしまっていて、

育てるのが簡単と言われてる
サボテンとか、ローズマリーなんかも
すぐだめにしてしまっていて、

なんでかなあ?
と、お店の人に相談したところ
おしえてもらったのが、


『植物にとって、水は愛情ではありません!』
と、いうことば。


植物をみてると、
なにかしてあげたくなって、
つい水をあたえてしまっていたんだけど、

世話焼きすぎもよくないそうです。

これを聞いてからは、
よく、観察しつつも
サイン(土が乾く、葉先がすこし萎びるなど)が
でるまでは控えるようにしています。

がんばらなくても、
植物は自然とそだちます。

サインだけ、よく観察して、
世話するようになってからは
前よりうまく育つようになりました。




②ときどき環境を変えてあげること

お店のひとに、グリーンの置き場所をきくと
「日当たりのよいところ」とか
「半日蔭」とか
「室内でもだいじょうぶだよ」とか
おしえてもらえます。

そのとおりの場所に置いておくと
だいたいうまくいくのですが、

ときどき場所をかえてみると、
もっともっと元気になることがあります。

それは、季節によってちがったり、
日が当たってるとおもっていたけど、
時間によってじつは日陰になっている時間がながかったり、
日が当たりすぎて、負担になっていたりするようです。


環境があっているとおもっていても、
もっと合う環境がみつかることが多いんです。

まあまあ元気にそだってるな。
と思っていても、あえてときどき場所をかえたり、
環境をかえてあげると
じつはそちらのほうがあっていて
もっともっとうまく育つことがよくあります。




③枯れてもめげない(←めげないってことば、通じるのかな?)

最初にも書いたんだけど、
ぼくもこれまでにたくさん枯らしてしまって、
じつは今でも枯らしてしまうことがよくあります。

植物を枯らしてしまうと、
じぶんは向いていないのかなと
思ってしまうこともあるんだけど、

たくさん失敗して気づいたのは、
うまくいかない原因っていっぱいあるんです。

愛情がたりないと思っていたのにじつは水のやりすぎだったり、
季節のかわりめで気温の変化がおおきかったり、
日にあててるつもりが、じつはあたってなかったり、あたりすぎていたり。


いろんな原因がいろんなタイミングですこーしずつ、
重なるときに、うまくいかないこともあるんだけど、


枯らしてしまった=じぶんがダメなのでも、じぶんが向いていないのでもなくて。

いろんな原因がたまたまそのとき、重なっただけ。

最初から、ばっちりうまくいくこともあると思うけど、
たくさん失敗して、いろいろ変えて試してみると
なんだ、こうすればよかったんだ。って気づくことがよくあります。

だから、あんまり自分をせめないで、

すこし、やりかたを変えてみたり、
環境をかえてみるといいとおもいます。






植物に関してはシロウトなので、自分流ではありますが、
これから育てようという方、
いままでうまくいかなかったけど、
再チャレンジするかたの参考になればとおもいます。

ほしいのがあれば、ふえた株をおゆずりしますので、
声かけてくださいね。

そして、もっともっとくわしい方いましたら、
いろいろ教えてくださいー!




週にいちどの、水やりの日。ベランダに出して日光浴。
うちのグリーンたちDSC_1273.JPG

つぎはもっとヨガっぽいこと、
ぼくの専門の、からだのことも記事にしますね。

「むくみ」とヨガ。

さいきん、クラスに参加されている数名の方から、
『むくみが改善したよ!』
と、うれしいことばをいただきました。

着圧ソックスなしではすごせない毎日から
解放された方もいるようです。


あさ、薄曇りの楽の森。
みんなをお迎えするまえの、この雰囲気もいいんです。
楽の森DSC_1334.JPG


むくみの原因はとてもたくさんあって、
その数だけ、改善のアプローチはあるのだけど、

ぼくがヨガクラスで、
みんなのためにできることを、
キーワードでお伝えしました。

かんたんに3つにまとめると、
その① 循環、呼吸
その② 筋肉のポンプ作用
その③ 逆転のポーズ

キーワード3つで覚えておくと、
うちでもじぶんでケアできるんじゃないかな。

クラスで変化を体験すると、
じぶんでもヨガを
たのしく続けられるようになるとおもいます。

おやすみされていた方や、
もう少し詳しくポイントを知りたい方は、
クラスでお会いしたとに、きいてくださいね!

ヨガやセルフケアだけでうまくいかない方は、
パーソナルコンディショニングで、ご相談にのりますよ。

多肉くん、お譲りします。第2弾。

以前にも、投稿したのですが、
うちで育てている多肉くんが、また増えたので、
もらってくださるかたいましたら、お譲りします。


以前の記事はこちら



多肉くんDSC_1306.JPG



正式な名前はわからないのですが、
葉っぱから葉っぱが生まれるもので、
「マザーリーフ」といわれるそうです。
多肉くん。DSC_1305.JPG


ほかにも、
大きいもの、ちいさいもの、
一株のもの、たくさんのもの、
あります。

興味あるかた、連絡おまちしております~!
こちらからどうぞ。→『多肉がほしい!』係

ぼくの連絡先をご存知のかたは、
直接連絡いただいても、だいじょうぶです!




いたみとむきあう。

絵をかくのが、すこしたのしくなってきた。
いたみとむきあう。DSC_1298.JPG



痛みとむきあう。ということ。

ぼくが、よく例えるのが、



痛み=火災報知器のベル
痛みのもと=火元
ということです。



火災報知器のベルを止めても、
火元がのこっていれば、火は時間とともに燃え広がります。

ベルが鳴っているのは、結果であって
その原因は火が燃えているからです。



もちろん、ベルをとめるのも大切なことなのだけど、
もっと大切なのは原因である、火元をたしかめて、火を消すことです。



言いかえると、
痛みがでているのは、結果であって、
その原因は、別のところにあることが多いのです。



痛みを消すことも大切なことだけど、
いちばん大切なのは、痛みの原因をたしかめて、痛みのもとを解消することです。


(とりあえず痛みを消すことも、とても大切なことなんだけど、それはまた今度。)


痛みのもとは、
ひとつであったり、いくつかの元が関係していたり、
最近できたものだったり、ずっとまえから
少しずつ溜めこんだものだったりしますが、


じぶんにとっては、あたりまえすぎる
クセや習慣からきているものも多くて
なかなか気づきにくいようです。


(たとえば、姿勢とか、仕事のうごき、家事のうごき、日常の動作など)




痛み=わるいこと
と、思っている人もおおいようですが、

痛みはとってもたいせつなサインです。

火元が大きくなる前に、知らせてくれる警報器なのです。


いたみにフタをするだけでなく、
ていねいにむきあってみてください。

いたみがでるからだのつかい方、かんがえ方、
じぶんのあり方に気づくかもしれません。



もし、興味あるかたは、
ヨガクラスの前後にでもきいてくださいね。

なにかヒントがお伝えできるかもしれません。


もし、ほんきで変わりたい方は
パーソナルでのセッションをお受けしますよ。
興味ある方はこちらから連絡くださいね。

今月の『プチ瞑想の会』

先日、『プチ瞑想の会』について投稿しましたが、




今月の『プチ瞑想の会』
9月28日(木)に開催します。
プチ瞑想の会.JPG
時間は
18:40 やり方の確認
18:55 みんなですこし練習
19:10 じっさいにやってみよう①
19:40 じっさいにやってみよう②
20:10 ぎもん、感想などシェアするじかん。
20:20 交流のじかん(自由参加、自由解散)
というながれです。

(じっさいやってみよう①は当日の状況ですこし、
みじかくするかもしれません。)

持ち物は
・リラックスできる服装
・あればブロック、クッションなど


まだまだ瞑想なかまを募集しております。
ご興味あるかたは、こちらから連絡ください





今後、できるだけたくさんの方が集まれる、
曜日、時間を検討したいと思います。

今回、都合のつかなかった方も、
希望の曜日・時間などありましたらきかせてください!

『おやすみ、ロジャー』

ぼくは、クラスのさいご、
くつろぎのポーズ(シャバアーサナ)のときに、

みんなが、もっとリラックスして、もっとくつろげますように、
とおもいながら声かけをするのですが、

この、声かけが
『おやすみ、ロジャー』に似ているそうなのです。

眠たくても、眠りにつけない、うさぎのロジャーが
親切な魔法使いのあくびおじさんに
眠くなる魔法の粉をかけてもらって、
おかあさんの待つ、うちに帰って、
眠りにつくお話しなのです。

シンプルなストーリーの絵本ですが、
心理学や自律訓練法の要素がとりいれられて、
心身の緊張をゆるめたり、自律神経のリズムを整えたりする
効果を狙ってつくられているそうです。

ちいさいお子さんむけの本ですが、
どうも、よんでいるおとなも眠たくなるようです。
(instagramで『#おやすみロジャー』検索してみて。
みんな、知ってるみたい。10000件以上投稿あります。)

なかなかこどもが寝つかないというかた、
なかなか寝つけないおとなのかた、
ぜひ、ためして効果のほどをおしえてください~!


ぼくのクラスのシャバアーサナを体験したい方は、
こちらから連絡ください~!



祝日クラスでおつたえしたこと。

きのうは祝日クラス。

祝日だからこれない人、
祝日だからこれる人がいて、
なんだかいつもと少し、ちがうかんじになるのがたのしい。
(することはいつもとおなじだけど。)

きのうのクラスで
お伝えしたことシェアしますね。

〇集中するということ
 ・集中する対象をきめる
 ・集中のジャマするものを減らす

〇フォーカスするポイント
 ・できないことにフォーカスする
 ・できていることにフォーカスする
 ・どちらにフォーカスしているのか気づく

〇ヨガニドラ(眠りのヨガ)の話し
 ・じぶんで練習する方法

〇からだの使い方
 ・ちからのいれどころ
 ・ちからの抜きどころ


参加してくれた方の質問におこたえした内容です。
たくさん気づくことがあったようで、
ぼくも聞いていてたのしかったです。

きのうお休みされた方で、
興味あるかたいましたら、また聞いてくださいね!



関係ないけど、今朝のメリケンパーク。
あさの散歩がきもちいい。
メリケンパークDSC_1283.JPG

『プチ瞑想の会』ひらきます。

これまでにも、なんどか
このブログで紹介しましたが、
ぼくのだいすきな「スペースわに」の瞑想じかん。

主宰のぬん先生のご都合で、今月はお休みなのだそうです。。

せっかくの良い習慣をつづけたい!
とおもい、『プチ瞑想の会』をひらくことにしました。


プチ瞑想の会.JPG


ぼく自身、瞑想は、
毎日ほんのすこしずつ続けていますが、
なかまと集まることで、
よりよいエネルギーが生まれることを実感しています。


〇瞑想したいけどなかなか続けられない方

〇瞑想には興味があるけど、どうしたらいいのかよくわからない方

〇瞑想をやってみたことはあるけど、うまくいかない方

〇瞑想はぜんぜんやったことないけど、ちょっとお試しでやってみたい方。

〇まえにやっていたけど、そういえば最近やってないなという方。

〇ひとりで座るのもいいけど、みんなで座るほうがすきな方。

〇じぶんがやってる瞑想はあってるのかな?みんなのやり方も知りたい方。


よろしければ、いっしょにすわりましょう。


『プチ瞑想の会』

〇目的
・瞑想に慣れる
・瞑想なかまと繋がる

〇ながれ
・やり方の確認(15分)
・みんなですこし練習(15分)
・休憩(5分)
・じっさいにやってみよう①(30分)
・休憩(5分)
・じっさいにやってみよう②(30分)
・ぎもん、感想などシェアするじかん。(10分)
・交流のじかん。(自由参加、自由解散)

〇不定期:月に2回(平日1回、休日1回)
〇場所:元町
〇参加費:500円




参加してみたい方、興味ある方、こちらに連絡おねがいします。
追って詳細連絡いたします。




続きを読む

ぼくがヨガクラスの前後にたちよる店(新開地/湊川公園~元町)

さいきん、
ランチ、カフェにおすすめの店をよく聞かれるので、
こちらでも紹介してみようとおもいます。

ぼくの自宅と
スタジオ楽の森(新開地/湊川公園)
のあいだにあるお店中心です。


ヨムパンDSC_1175.JPG
ヨムパンさんのバゲットサンド



◎湊川公園あたりの店

Cafe Shizuku
からだにやさしいランチと
おいしいスイーツがおすすめ




COZY COFFEE
おいしいコーヒーがいただけます。
兵庫で人気のパン屋「recolte」さんとの、
コラボ商品のパンがのこっていればラッキー。



◎神戸、西元町、栄町あたりの店

フルーツカフェsaita!saita!
ランチはパニーニ、サンドイッチ、パスタなど。
新鮮なフルーツをつかったジュース、スムージーなどのメニューが豊富。



野菜食堂 堀江座
野菜たっぷりのカレーが食べられるお店。
2階は座敷でゆっくりできます。



ラウンドポイントカフェ
こだわりのコーヒーと
地元の食材、環境に配慮した食材をつかった
食事がいただけます。



ノラリクラリ
ぼくはランチのマサラカレーがすき!
土鍋で淹れるコーヒーがいただけます。
手作りケーキもおいしいよ。




◎花隈あたりの店

すいらて
古民家を改装したカフェ
2階は座敷でくつろげます。




cafe yom pan
3階建てのお店
1階はパンと焼き菓子の販売
2階はテーブル席
3階はこども連れでもゆっくりできそう、
一組だけはいれる、床でゆっくりできる席



◎元町あたりの店

イダキカフェ
ブルーの壁が印象的なゆったりした店
フード、ドリンクはオーガニック中心。



ニジカフェ
玄米ご飯のやさしいランチ
鯉川筋をながめながらゆったりできます。




ほんとうは、一軒一軒
もっといいとこ、詳しく紹介したいんだけど、
今回はここまで。

まだまだあるので、また書きます。

機会があれば、夜いく店編も紹介しますね。

みなさんのおススメおしえてください!

おススメの本、脳科学からみた「祈り」

貸していた本が返ってきました。

ひさしぶりに読んでみたけど、
読んでいるだけで、
なんだかやさしく、あたたかい気持ちになれる本です。




「祈り」という営みについて、
脳科学的見地から解説した本です。


筆者によると「よい祈り」とは
「未来をよい方向に変えようとする営み」なのだそう。

そして、祈りの範囲の広いひとほど、
幸福感を感じやすいのだそうです。



こんな感じかな?
脳科学からみた祈りDSC_1282.JPG


脳科学とはいえ、
むずかしい説明はなくて、
1時間もかからずにさらっと読めます。

興味あるかたは、お貸ししますので、
声かけてくださいね。