おススメの本、脳科学からみた「祈り」

貸していた本が返ってきました。

ひさしぶりに読んでみたけど、
読んでいるだけで、
なんだかやさしく、あたたかい気持ちになれる本です。




「祈り」という営みについて、
脳科学的見地から解説した本です。


筆者によると「よい祈り」とは
「未来をよい方向に変えようとする営み」なのだそう。

そして、祈りの範囲の広いひとほど、
幸福感を感じやすいのだそうです。



こんな感じかな?
脳科学からみた祈りDSC_1282.JPG


脳科学とはいえ、
むずかしい説明はなくて、
1時間もかからずにさらっと読めます。

興味あるかたは、お貸ししますので、
声かけてくださいね。

この記事へのコメント