初心者むけ瞑想おすすめの本。

ぼくのおすすめの瞑想本を紹介したいと思います。

聞きたいですか?





「・・・・・・・・。」







ぼくのおすすめの瞑想本を紹介しますね!

 





宝彩有菜さん監修の「瞑想のすすめ」



瞑想ってどんなもの?
という基本的な疑問にたいして
この本では「あたまのなかの整理術」
として説明されています。


ちらかったあたまの中を
①集中する
②気づく
③棚上げする
の3つのステップで
整理していく方法が書かれています。


こころと体におこる効果や
10分~15分でできる
簡単な瞑想法なんかも載っています。


瞑想にはちょっと興味があるけど
難しそうと思っている人におすすめ。








もう一冊
こちらも宝彩有菜さん著
「どこでもできるはじめての瞑想」


前半の内容は上で紹介した本と
かぶるところも多いのですが
後半の「いつでも、どこでも瞑想しよう」
の章がおすすめです。


日常のシチュエーション別に
瞑想法が紹介されています。

わざわざたくさん時間をとったり、
どこか山奥に篭ったりできない
ぼくたち現代人に向けた瞑想法だと思います。




ぼくの経験でいうと
やはり瞑想に向いた時間帯や
環境はあるんだけど
リアルな日常の中で
瞑想を体験することも大切なことなのかなーと感じています。




この2冊は、うすくてすぐに読めるし、
表紙がこんな感じなので
本棚に並べてもアヤシクなくていいと思います。





こんど、
おすすめの瞑想会や
瞑想センターのこと書きますね。

聞きたいですか?





ブログ引っ越しました。(2019.1)



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック